3の倍数、4の倍数、9の倍数を探す計算問題

何の倍数になっているかを確認する問題

数学の計算問題を早く解くには、数字が何の倍数になっているのかを見分けることが大切です。そうすることで、約分などが速くできるからです。

 

2の倍数3の倍数4の倍数…の見分け方を覚えていますか?
2の倍数は「下1ケタが0,2,4,6,8の偶数」というのはカンタンですね。

 

では、3の倍数、4の倍数、9の倍数はどうでしょうか?
おさらいします。

 

練習問題はページの下にあります。

 

倍数の見分け方

3の倍数の見分け方

全部の位の数の和が3の倍数なら、その数字は3の倍数。
(例)123なら、1+2+3=6で6は3の倍数なので、123も3の倍数。

 

4の倍数の見分け方

下2ケタが4の倍数なら、その数字は4の倍数。
(例)1916は、16が4の倍数なので、1916も4の倍数。

 

9の倍数の見分け方

全部の位の数の和が9の倍数なら、その数字は9の倍数。
(例)1377は、1+3+7+7=18で18は9の倍数なので、1377も9の倍数。

 

何の倍数になっているかを確認する問題

【問題】次の数字が「素数」「3の倍数」「4の倍数」「9の倍数」のいずれかを答えよ。
「素数」とは、1とその数字でしか割り切れない数字のことです。

 

※「9の倍数」は「3の倍数」でもありますが、ここでは「9の倍数」になっている数字は「9の倍数」を正解とします。

(問題を読み込むまでに少し時間がかかります。そのままお待ちください)

 

数字何の倍数か?
問題1答え1
問題2答え2
問題3答え3
問題4答え4
問題5答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

何回も挑戦してみてください。

 

 

イチオシ勉強法

関連ページ

暗算力トレーニング(1)
次の計算問題の中から暗算で解けるものを選びなさい。また、どのように暗算するかも考えましょう。解かなくてもOKです。(1)18×23、(2)46×78、(3)53×38、(4)74×76、(5)84×93。
暗算力トレーニング(2)
31×31など一の位が「1」の二乗の暗算トレーニングです。11×11から91×91までの中からランダムに3問を出題。「採点ボタンをクリックすることで、自動的に正誤判定を行います。