中学数学の計算問題を早く正確に解くための使える公式一覧

中学数学の計算問題を早く正確に解くための使える公式一覧

中学数学の計算問題で使える公式を紹介しています。

 

計算問題が速く正確に解けるようになるものなので、文章題などほかの問題に使える時間もアップ。ぜひ、マスターして活用してみてください。

 

かけ算で使える公式一覧

一の位が9のかけ算の暗算公式(79×6)
  • 【1】1を足してキリのいい数字にして計算する(80×6=480)
  • 【2】一の位が9でないほうの数字を引く(480−6=474) ⇒ 答え
キリのいい数から同じ数だけ上下に分かれている数のかけ算(63×57)
  • 【1】キリのいい数のかけ算をする(60×60=3600)
  • 【2】離れいてる数のかけ算をする(3×3=9)
  • 【3】上記の【1】から【2】を引く(3600−9=3591)
かけ算では「×10」「×100」の組み合わせを見つける

かけ算は順番を変えても答えが同じです。
複数のかけ算では、「×10」「×100」となる組み合わせがないかを先に確認します。

 

(例)7×4×8×5×5
上の式では、4×5×5で100です。

 

残りは7×8だけ。
7×8=56×100=5600が答えとなります。

 

割り算で使える公式

÷5は2倍して10で割る(173÷5)
  • 【1】2倍する(173×2=346)
  • 【2】10で割る(346÷10=34.6)
÷25は4倍して100で割る(316÷25)
  • 【1】4倍する(316×4=1264)
  • 【2】100で割る(1264÷100=12.64)
2ケタの割り算を1桁の割り算に変換する(3288÷12)

2ケタの割り算は1ケタの割り算2回にすることで計算が簡単になります。

  • 【1】割る数を1ケタのかけ算にする(12→2×6)
  • 【2】上記で求めた数値で割る(3288÷2=1644)
  • 【3】上記で求めた数値で割る(1644÷6=274)

約分の考え方を使った割り算の方法です。

割り算は逆数のかけ算にして並べ替える

逆数とは、かけると1になる数字のことです。
3の逆数は1/3というわけです。

 

「÷3」は「×1/3」にして計算することで、順番を入れ替えることができます。
これを利用した計算が下記。

 

(例)55÷4×2÷25
÷4は「×1/4」、「÷25」=「×1/25」となります。

 

この2つで「×1/100」となります。
残りの55×2=110なので、答えは1.1です。

数学が得意になる動画授業があります

無料体験できる動画授業を見てみてください。数学の考え方が見方が変わります!

関連ページ

便利な公式一覧
中学の数学計算問題で使える便利な公式をまとめました。マジメに計算するよりも正確でケアレスミスもなくなるので、しっかり覚えて活用してみてください。2乗の計算や2ケタのかけ算の計算で使える公式です。
教科書に出てくる公式
中学数学の教科書に出てくる公式を一覧でまとめました。乗法公式、因数分解の公式から図形の面積を求める公式までテスト前の確認用に使用してみてください。図形の面積・体積を求める公式については画面下に確認テストがあります。
便利な公式(2乗の暗算)の練習問題
計算問題が得意になる便利な公式一覧ページで紹介した中学数学で出てくる2乗の計算に便利な公式を覚えるための練習問題です。対象としている問題は全部で36問。一の位が「1」「5」「6」「9」の二乗の計算問題です。
使える公式(かけ算)の練習問題
計算問題で使えるかけ算の公式を覚えるための練習問題ページです。下記の2つの公式(一の位が9のかけ算の暗算公式、キリのいい数から同じ数だけ上下に分かれている数のかけ算)の練習問題がランダムに表示されます。
図形の性質に関する公式確認問題
中学数学で習う図形の性質に関する公式、定理(円周角の定理、三角形の合同条件など)に関する確認用の穴埋め問題を作成しました。テスト前などにチェックしてみてください。2直線が平行なら( )角、( )角は等しいなど。