中学数学ドリルで計算問題に強くなる

中学数学の計算問題に強くなるドリル

中学数学の計算問題に強くなるためのドリルを掲載しています。
サイト上で問題が出力され、解答はクリックで表示されます。

 

表示される計算問題は毎回変わるので、くり返し何回も勉強できます。
下記のテーマ別ページから挑戦してみてください。

 

中学数学ドリル「2から9までの倍数探しトレーニング」

次の数字が、2から9までのうちいくつの倍数かを答えよ。
ただし、複数が約数となっている場合は数字の大きいほうを正解とします。

 

(例)102は2,3,6の倍数なので、この場合は最も大きい6が正解。

 

計算ドリルはこちらから

 

中学数学ドリル「2ケタの九九」

11×11から19×19までの2ケタの九九の計算ドリルです。

×111213141516171819
11121132143154165176187198209
12132144156168180192204216228
13143156169182195208221234247
14154168182196210224238252266
15165180195210225240255270285
16176192208224240256272288304
17187204221238255272289306323
18198216234252270288306324342
19209228247266285304323342361

 

計算ドリルはこちらから

 

中学数学ドリル「一の位が5の二乗」

15×15から95×95までの一の位が5の二乗を暗算で求めるためのトレーニングです。
下2桁は「25」となり、百の位より上もカンタンなルールで計算できます。

問題正解
15x15225
25x25625
35x351225
45x452025
55x553025
65x654225
75x755625
85x857225
95x959025

 

計算ドリルはこちらから

 

中学数学ドリル「2ケタ×11」

23×11、37×11、41×11など2ケタの数字×11の掛け算トレーニングです。
「×11」には答えに法則があるので、それを覚えてしまえば暗算で求めることができます。

 

2ケタ×11のかけ算を暗算するテクニック

例題で説明します。
63×11なら、6が100の位、6+3が10の位、3が1の位となり、693が答えです。

 

×11の暗算方法

×11の暗算方法

 

  • 一の位はそのまま。
  • 十の位を1つずらして百の位に。
  • 一の位と十の位を足して十の位に。

一般化するとこうなります。
●▲×11=●×100+(●+▲)×10+▲

 

63×11=693
数字を入れ替えた36×11なら396が答えです。

 

計算ドリルはこちらから

 

中学数学ドリル「一の位が1の二乗(31×31など)」

11×11から91×91までの一の位が1の二乗を暗算で求めるためのトレーニングです。
カンタンな3ステップで答えを求めることができます。

 

一の位が「1」となる数字の2乗の暗算方法
  • 「1」を無視したキリのいい数字の二乗を求める(A)
  • 「1」を無視したキリのいい数字を2倍して1を足す(B)
  • (A)と(B)を足す → これが答え

計算ドリルはこちらから

 

中学数学ドリル「一の位が9の二乗(29×29など)」

19×19から99×99までの一の位が9の二乗を暗算で求めるためのトレーニングです。
乗法公式を使った方法ですが、ややこしい公式を覚えなくても答えを出すことができます。

 

一の位が「9」となる数字の2乗の暗算方法
  • 「1」を足してキリのいい数字の二乗を求める(A)
  • 「1」を足してキリのいい数字を2倍する(B)
  • (A)から(B)を引いて、1を足す → これが答え

計算ドリルはこちらから

 

中学数学ドリル「21×19など同じ数だけ離れた数の掛け算」

21×19,32×28,43×37など、ある数から同じ数だけ離れた数の掛け算を暗算で求めるためのトレーニングです。

 

「21×19」などある数から同じ数離れている数同士の掛け算の暗算方法
  • ある数(真ん中の数)の二乗を計算する(A)
  • 離れている数の二乗を計算する(B)
  • (A)から(B)を引く → これが答え

計算ドリルはこちらから

 

数学が得意になる動画授業があります

無料体験できる動画授業を見てみてください。数学の考え方が見方が変わります!
page top