中学数学の計算問題を早く正確に解く暗算公式を紹介

中学数学で基礎となる計算問題に強くなるコツ

勉強はコツコツ真面目に取り組むことも大切ですが、要領の良さも必要です。
特に要領の良さが問われるのが数学の計算問題

 

有名な問題がありますよね。

次の式を計算せよ。
1+2+3+4+5…+999+1000

 

これを真面目に1+2=3、3+3=6、6+4…と計算していたら1000までたどり着くのが大変です。1000どころか100まででもイヤになりますよね。

 

計算テクニックさえ知っていれば簡単。
両端から2つの数字を足すと同じ数になります。

  • 1+1000=1001
  • 2+999=1001
  • 3+998=1001

あとはこの1001の組み合わせがいくつあるかだけ。
500+501=1001まであるので、全部で500通り。

 

1001が500通りなので、1001×500=500500が答えです。
有名な問題なので知ってる人も多いのではないでしょうか。

 

計算問題をカンタンにする方法・テクニックはコレだけでなありません。

 

学習塾などでは裏ワザとして教えてくれるところもあるのですが、学校の授業では正攻法の解き方中心に教えることになってしまいます。知らないともったいないですよね。

 

そこで、中学数学の問題でも使える計算テクニックをこのサイトでは紹介しています。
勉強だけでなく実生活で役立つものもあるので参考にしてみてください。

 

計算問題が得意になるために最初に身につけたいこと

計算問題に強くなるには数字に強くなることが必要です。

 

具体的には、その数字が何の倍数かをすばやく見極められるようになると、計算問題を簡略化するときなどに役に立ちます。学校の授業でも倍数判定法は習うと思います。

 

まずはコレをマスターしてください。
下記の記事が参考になります。

 

実践テクニックが知りたい人はコチラの記事

中学数学の定期テストでも使えます。

次の計算をせよ。
(1)7×4×8×5×5

2秒で解けない人はコチラ ⇒ 中学数学でかけ算の問題をカンタンにする基本ワザ

 

次の計算をせよ。
(1)3048÷12

筆算を使って12で割ろうと思った人はコチラ ⇒ 中学数学で2ケタの割り算をカンタンにするテクニック

 

その他の人気記事

1の位が9のかけ算をすばやく解くテクニック

「9」に「1」を足すと「10」になります。
中学生には説明するまでもないですよね。

 

ただ、知っているということと、知っていることを活かせることは別です。
「1」を足すと「10」になるという知識を活かして計算をカンタンにしましょう。

 

続きはコチラ

一の位が5となる数字の2乗の暗算方法

中学数学で習う累乗は特定の数については暗算で求めることができます。
(補足…累乗とは2×2、3×3、4×4といったものです)。

 

一ケタの数字の2乗ならカンタンに計算できると思いますが、2ケタの数字でも一の位が5の2乗(15×15、25×25など)はカンタンに答えを出すことが可能です。

 

続きはコチラ

2ケタの割り算を1桁の割り算に変換する

 

●●÷12など2ケタ以上の数で割る割り算をカンタンにする方法を紹介します。
中学校での数学だけでなく実生活でも年間合計から月あたりの平均を出すときなどに使えるワザです。

 

続きはコチラ

イチオシ勉強法