インド式計算ドリルができるサイト

ネットでできるインド式計算ドリル(2ケタのかけ算)

インド式計算(2ケタのかけ算)ができるようになるための計算ドリルです。
対象としているかけ算は2パターン。

  • 【1】十の位が同じ数字で、一の位を足すと10(例、34×36、43×47)
  • 【2】一の位が同じ数字で、十の位を足すと10(例、43×63、34×74)

上記のパターンの問題がランダムに表示されるので、理屈を覚えたら挑戦してみてください。

 

【理屈編】インド式計算:十の位が同じ数字で、一の位を足すと10

63×67で解き方を解説

暗算方法を図にすると下記のようになります。
2桁の掛け算暗算方法

1.十の位の数の片方に1を足して、もう片方の数字と掛ける
⇒ (6+1)×6=42

 

この数字が千の位と百の位の数になります。
答えは、42※※ということ。

 

2.一の位同士をそのまま掛ける
⇒ 3×7=21

 

この数字が十の位と一の位の数字となります。
上で求めた千の位、百の位の数字にあわせたものが答え。

 

答え.63×67=4221となります。

 

【理屈編】インド式計算:一の位が同じ数字で、十の位を足すと10

36×76で解き方を解説

この暗算方法を図にするとこうなります。
2桁の掛け算を速くする

1.十の位の数字同士をを掛ける
⇒ 3×7=21

 

2.上で求めた答えに一の位の数を足す
⇒ 21+6=27

 

この数字が千の位と百の位の数になります。
答えは、27※※ということ。

 

3.一の位の数字同士を掛ける
⇒ 6×6=36

 

この数字が十の位と一の位の数字となります。
上で求めた千の位、百の位の数字にあわせれば答え。

 

36×76=2736となります。

 

【実践編】インド式計算ドリル

問題正解
問題1答え1
問題2答え2
問題3答え3
問題4答え4
問題5答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示されます。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

もっと知りたい人向け

page top