中学数学計算ドリル「同じだけ離れた数の掛け算」

中学数学計算ドリル「21×19,32×28,43×37など」

21×19,32×28,43×37など、ある数から同じ数だけ離れた数の掛け算を暗算で求めるためのトレーニングです。

  • 21×19…20から1ずつ離れている
  • 32×28…30から2ずつ離れている
  • 43×37…40から3ずつ離れている

 

暗算方法はこちらで解説中です。
21×19を2秒で解く暗算方法

 

中学数学計算ドリル(掛け算)

問題正解
問題1答え1
問題2答え2
問題3答え3
問題4答え4
問題5答え5

赤い部分をクリックすると正解が表示。

違う問題で確認

ココをクリックすると問題が再作成されます

 

「21×19」などある数から同じ数離れている数同士の掛け算の暗算方法

  • ある数(真ん中の数)の二乗を計算する(A)
  • 離れている数の二乗を計算する(B)
  • (A)から(B)を引く → これが答え

解説を21×19のケースで補足します。

  • (A)…20×20=400
  • (B)…1×1=1
  • (A)−(B)…400−1=399

答え.21×19=399

 

【まとめ】
キリのいい真ん中の数字を二乗して、1ずつ離れているなら「-1」、2ずつ離れているなら「-4」、3ずつ離れているなら「-9」すれば答えとなります。

 

このページで出題している掛け算の一覧
計算式解答
21×19399
31×29899
41×391599
51×492499
61×593599
71×694899
81×796399
91×898099
22×18396
32×28896
42×381596
52×482496
62×583596
72×684896
82×786396
92×888096
23×17391
33×27891
43×371591
53×472491
63×573591
73×674891
83×776391
93×878091

 

オンラインで学ぶ数学

page top